自動車個人売買の手続き

注意:ここでは個人売買の手続きを参考までに紹介しておりますが、
ここでは青森県青森市での手続きを紹介しています。
詳しくは最寄の陸運支局・警察署に問い合わせください。
またトラブル等は、あくまでもご自身の責任にて対処お願いします。


★初めに!!★
  中古車の個人売買をするときに必要な書類と手続きの説明です。
 (金銭の授受が伴わない譲渡の場合も同じ手続きです)
 旧所有者と新所有者がそれぞれ必要な書類を揃え、新所有者の管轄の
 陸運事務所で手続きをします。
  原則的には売り主、買い主両方が陸事に行くことになっていますが、
 どちらか片方が行けない場合は行けない方の委任状を提出すれば大丈
 夫です。
 なお、この手続きは譲渡されてから15日以内に行うように法律で定めら
 れています。


では、実際の手続きを説明します。

実印の登録と印鑑登録証明証の発行
 まず、実印が無い人は実印を作ります。大体1本20000円以上しますが、認めや銀行に使う印鑑より少し大きいものでOKです。はんこ屋さんで相談しましょう。
 基本的に実印はそうコロコロ変更するものではないので、ある程度高いものを使うのが普通です。また、安い印鑑には印鑑登録に使えないものもあるので注意が必要です。私は10000円の黒水牛にしました。ラクト(プラスチックのようなもの)製だと、もう少し安くなりますが欠けやすく、欠けてしまうと再登録しないと使えなくなってしまいます。

 出来上がった自分の実印を持って、自分が住む区市町村に行き、印鑑登録手続きをしてください。また既に売り手との交渉が済んでいるのなら、印鑑登録証明証を即時発行してもらいましょう。
  (青森市の場合、市役所の市民課にて手続きできます。印鑑登録手数料300円、印鑑登録証明証300円が必要です。)

     2001/03/06 申請
     2001/03/06 手続き完了


車庫証明証の発行
 まず車庫証明申請書、保管場所の所在図・配置図、自認書もしくは保管場所使用承諾証明書を入手します。私は青森トヨタの友達にもらいました。警察署の交通安全協会では売っています(140円)なお青森警察署では、申請書類の書き方の手引書を付けてくれます。
 車庫証明申請書は4枚つづりで複写になっています。保管場所の所在図・配置図は大きい四角の欄がある1枚の用紙です。駐車場所が自分名義の土地であれば自認書、それ以外は保管場所使用承諾証明書が必要になります。これも1枚の紙です。
 必要事項を記入し、押印が必要な部分は認印を押してください。自宅と駐車場の位置関係を表す所在図記載欄は地図をコピーしたものでも良いそうです。

 記入が終わったら最寄の警察署へ行きましょう。1階に窓口があるはずです。そこで書類を提出し、2200円の手数料を払います。青森警察署(柳町)では交通安全協会といっしょの窓口なので、あちこちたらい回しになりません。書類に不備な点があれば、指摘してくれます。

 OKならば、車庫証明引換券をくれます(他警察署では口頭のみの場合もあるそうです。だいたい4〜5日で使用地を確認し発行してくれます。また引換時に発行手数料550円と認印、上記の引換券が必要です。

第一回 2001/03/19 申請
     2001/03/23 車庫証明交付
第二回 2004/08/30 申請
     2004/09/02 車庫証明交付


移転登録
 一番の難関です。ややこしい書類がたくさん出てきます。自信が無い場合は代書を依頼するのも良いかもしれません。手数料は8000円前後らしいです。またディーラーで移転登録の代行も行っているようです。
 私はどうしても3月中に登録する必要があったので代行を青森トヨタに依頼しました。
 代行を頼まない場合は、陸運支局で書類を買い、必要事項を記入し、陸運にいって窓口を回ることになります。費用は登録手数料500円+自動車税+自動車取得税が必要になります。自動車税は排気量などで決まっており月割で3月分まで払います。
  自動車取得税は取得額、または新車時の価格から経年分を引いた金額に課せられます。自動車取得税については、事前に県税事務所で確認できますので聞いてみましょう。
 (余談ですが5年3ヶ月経過したインプレッサワゴンWRXは非課税といわれ
 ました。2年8ヶ月経過したインプレッサWRX NB-Rは37,500円でした。)
  法定費用を支払い終わったら、登録所で登録してもらえます。そして新し
 い車検証を受け取ったら、ナンバープレートを付替えて、完了です。

     2001/03/26 申請



ここまでの注意:
※旧所有者(正確には使用者)がクレジットで買った場合などで所有権が付
 いている(車検証の所有者欄がディーラーなどになっている)場合は「所
 有権解除」という手続きが必要になります。この手続きにはディーラー等
 の印鑑証明、委任状が必要になりますので所有者欄に書かれているディ
 ーラーなどにお問い合わせ下さい。 もちろん、残債がある場合には清算し
 ないと所有権は解除できません。

※旧所有者あるいは新所有者が未成年である場合には、親権者
 の同意書と印鑑証明、本人の戸籍謄本が必要になる場合があります。
 詳しくは管轄の陸運事務所にお問い合わせ下さい。

※内容によっては自動車税、自動車取得税の納付義務が生じます。
 詳しくは管轄の陸運事務所にお問い合わせください。



おまけ
 今回自分でいろいろ手続きをやろうと考えたわけですが結論を言うと「車庫証明は自分で手続きし、移転登録は代行を頼んだほうが簡単」です。
 ちなみに車庫証明を代行してもらうと15000円程度の費用がかかります。対して自分で車庫証明を取ると3000円以内で済みます。また移転登録は書類がわかりにくいことから、自分で手続きするとしても何回か陸運まで往復することになるかもしれません。その手間を考えると8000円程度必要になりますが代行を頼んだほうがスムーズに手続きが済みます。



ブラウザの”戻る”で戻ってください。